ダイヤのA特設応援サイト

「ダイヤのA」選手名鑑 | 高校野球ドットコム×週刊少年マガジン ダイヤのA特設応援サイト

母校のAに届け!キャンペーン

「ダイヤのA」選手名鑑

成宮 鳴なるみや めい

高校
稲城実業
学年
2年
利き腕
左投げ
ポジション
投手
背番号
1

【性格】
 自信家で誰よりも負けず嫌い。ピッチャーだから多少のワガママは許されると本気で思っている。基本的に練習嫌いだが、自分に必要と思った練習はとことんやる。自由奔放であり、国友監督や主将の原田 雅功が言うことを無視した行動にでることもある。しかし実力は周りが認めており、周りが彼にうまく合わせているところもある。
 同学年の神谷 カルロス 俊樹や白河 勝之らはシニア時代に成宮が最強チームを作るべく稲城実業へ誘ったメンバーである。全国区の人気があり愛称は鳴くん。都のプリンスで姉二人の末っ子。憧れの選手は江夏豊。

【プレースタイル】
 関東No.1サウスポーで稲城実業高校のエースピッチャー。MAX148キロのストレートと緩急自在なピッチングが特徴。持ち球はスライダー・フォーク・チェンジアップで、特にチェンジアップはスクリュー気味に落ち、相手に脅威を与える。球数が増えると甘めに浮いてしまうため、ここ一番の勝負時に投げるケースが多い。ピッチングの総合的な完成度は高い。

【試合での活躍】
 1年生の夏に甲子園3回戦で登板したが、自身の暴投がきっかけでチームが敗北してしまい、寮の部屋に引きこもる日々を送るまで自身を追い込んだ。
 その後、フォームを崩す時期があったが苦境を乗り越え、2年時の夏の大会準決勝では、都立桜沢高校と戦い圧倒的な力の差を見せつけた。この試合で成宮は相手打線を完全にこさえ込み、コールド勝ちを収めた。

 頂上決戦となった青道高校戦では、苦しみながら要所を締めるピッチングで、結城 哲也率いる強力打線を4失点に抑えた。バッティングでは、9回に青道高校4番手投手川上 憲史からセンターオーバーのサヨナラヒットを放ち、自らのバットで甲子園の切符をつかんだ。

 2年夏の甲子園では、高校通算本塁打67本という愛知西邦高校の怪物佐野 修造を3三振に切って取るなど、大活躍を見せて決勝に進んだ。決勝の南北海道代表、巨摩大藤巻高校戦では延長14回までもつれ込み、一人で投げ抜くもサヨナラ負けを喫し、準優勝という結果に終わった。

「ダイヤのA」選手名鑑

「ダイヤのA」既刊案内

講談社コミックス
ダイヤのA act2(2)

定価(税別) 429円
発売日2016年02月17日発売
Amazon.co.jpで購入する 楽天ブックスで購入する セブンネットショッピングで購入する
既刊紹介ページへ

公式twitter

ダイヤのA TVアニメオフィシャルサイト
週刊少年マガジン